セフレを作るのに適しているのはSNS?

どちらがセックスフレンドを作るのに適しているのか!? 出会い系サイトとSNSの違いを徹底検証!

>

「SNSは気軽=気軽にセックスできる」ではない

手段と目的を混同しては駄目ですよ

手段と目的は意外とごちゃごちゃになってしまいませんか? 私もよく手段と目的を混同してしまいます。

例えば中年太りしてきたのでダイエットしなければと毎日ランニングを開始したとします。
それでも忙しい毎日を送っていると走れない日も重なって、自分自身との約束を守れなかった罪悪感で嫌な気持ちになります。

走ると決めた以上は毎日走ろうと思って、職場にジャージとシューズを置いたりします。
仕事のスケジュールを工夫し5分ほど会社の周りをジョギングするようになると、
自分との約束を守れている満足感に嬉しくなったりもします。

ですが、この時点で手段と目的がずれ始めてしまっています。
目的はダイエットのはずなのに、いつの間にか「やせるための手段」であるランニングの継続が、
全ての中心になってしまっているのです。
5分のジョギングではやせません。なのに5分走れている自分に満足してしまっているのです。

SNSは気軽に使えるからといって気軽にセックスできるかといえば違う

同じような話が、SNSとセックスフレンド作りの間にも起こっている気がします。

確かに出会いのチャンスを作るツールとしてSNSの登場は画期的でした。
その勢いに私の出会い系サイトもやられた形です。
しかしそろそろSNSを利用している男性も感じているのではないですか?

「SNSはやれません」

無料で気楽に使えるからといって、等しく気楽にセックスできるわけでないのです。

出会い系サイトは有料
SNSは無料


この一点だけを比較して出会い系サイトを切り捨ててしまうとリスキーです。
セックスという目的を実現するためのツールとしてSNSと出会い系サイト、
どちらが優れているかをもう一度考え直してもらいたい
です。 新しい古い、有料、無料は関係ありません。

出会い系サイトは文字通り出会い系サービスなのでセックスまでの話が早い

例えばソーシャルゲームで知り合った女の子を育成している皆さん、その子とやれましたか?
きっとやれていないと思います。
知り合いにはなったものの、何カ月もネットの世界で育成しているだけなのではないですか?
おっぱい写メくらいは受け取れましたか?
まだ日常会話に終始しているだけではないでしょうか?

facebookやmixi、ソーシャルゲームやアメーバピグ、LINEやカカオトークなどは非常に便利です。
女性と出会うチャンスを誰もが無料で手にできたという意味では確かに画期的なツールです。

しかし、SNSは本来セックスフレンド探しのために作られたツールではありません。
別の目的を持っています。
女の子と出会いやすいかもしれませんが、リアルな出会いに持ち込むまでにかなりの時間がかかる
のです。

目的と手段をごちゃまぜにしないようにしましょう。
出会い系サイトもSNSも、セックスフレンド作りのための手段です。
SNSの方が無料で使いやすいからといって、セックスフレンド作りに向いているかどうかはまた別の話
なのです。